カーコーティングをした後の注意点

カーコーティングをするとクルマのワックス掛けが必要なくなるし洗車が楽になるからと施工を考えている人も少なくないでしょう。
確かにその通りなのですが、コーティングをしたならしたなりに注意をしなければならない点もあることも知っておかなければなりませんよ。

洗車で気を付ける点

まず洗車時の注意です。
カーコーティングはクルマをポリマーまたはガラスの被膜しているわけですが、汚れやほこりがボディについたままブラシなどで擦って水洗いをすると被膜面に傷をつけてしまいます。
したがって、最初にボディに水を掛けて汚れやほこりを浮かしてから柔らかいスポンジなどで洗うようにしましょう。
洗う際は水だけでもシャンプーを使用してもどちらでも構いませんが、シャンプーを使うならすすぎはしっかりしないと洗剤の残りが汚れとなってしまいます。

また、水道水だけでも乾いてしまうとカルキ成分が汚れとなり撥水を阻害することもあるので、自然乾燥ではなく必ずセーム皮や柔らかい布などで拭きあげる必要があります。
特に夏場の炎天下の洗車は避けることをおすすめします。

雨水も気になりますが、降り始めは空気中のほこりやさまざまな粒子を含んでいるのでよくありませんがやがて普通の雨水(軟水)になるのでさほど気を遣う必要はないでしょう。
しかし降ってすぐに止んだ雨は要注意です。

手間は少なくなっても注意点は同じ

鳥のフンや虫の死骸、樹液、花粉、鉄粉などもコーティングにダメージを与えるので、付着したときにはすぐに洗い流さないとコーティングをしてあるからといってもシミになることもあります。
部分的についたときなどはティッシュペーパーなどでその部分だけをふき取りがちですが、その際には必ずティッシュを濡らして汚れをふやかしてから取り除くようにしましょう。

こういった点はコーティングをしていないクルマでの注意点とさほど変わりません。
つまりコーティングをすることで手間は大幅に減らせるけれども、注意しなければならないことは同じというわけです。

関連する記事