ポリマー系かガラス系か

ワックスよりもカーコーティングのほうがいろいろな点で優れているからと、カーコーティングをしようと考えている人も多いかと思います。
けれどもいざ実施しようとすると、ポリマー系コーティングとガラス系コーティングの2種類がありどちらがいいのか迷ってしまう人も少なくないようです。

ポリマー系コーティングのメリット・デメリット

そんな人のために、ここでそれぞれを比較してメリットとデメリットを紹介しておきましょう。
まずポリマー系コーティングのメリットは、施工料金が手頃であることと施工時間が短くて済むことでしょう。
施工方法にもよりますが、費用は数万円、施工時間は1時間前後というのが標準です。
デメリットとして挙げられるのは、ワックスよりもはるかに長く効果は持続しますがやがて劣化してしまうことです。
そのために定期的にメンテナンスを行わなければならないことや長い年月の間には紫外線による参加が避けられない点もあります。

ガラスコーティングのメリット・デメリット

ガラスコーティングのメリットは耐候性や耐熱性などが強く、効果が非常に長いことや撥水性も高い点です。
しかしそれがゆえにミネラルなどの無機の汚れが付きやすく水シミになりやすい点がデメリットです。
また、施工料金がポリマー系コーティングに比べてかなり高く、数万円から10万円を超えるものも珍しくありません。
施工時間も作業工程が多くなりガラスの定着などに時間を要するので数日間クルマを預けなければなりません。

自分にあったほうを選ぼう

このようなそれぞれのメリットをデメリットを知ったうえでどちらを選ぶかを決めるようにしましょう。
その際には、自分のカーライフのスタイルにはどちらが適しているかをしっかり見極めることが大切です。
ひょっとするとそんなにお金が掛かるなら今まで通りワックスがけでいいや、という人もいるかもしれませんね。

関連する記事