今やカーコーティングが主流

ひと昔前まではクルマの手入れというと「ワックス掛け」が主流でした。
週末になると自宅の前でワックス掛けをする人もよく見掛けたものです。
けれども今や、クルマの手入れはワックス掛けよりもコーティングのほうがメインとなっているのです。

昔はワックス掛けが当たり前

昔は誰もがやっていたワックス掛けには、いろいろなデメリットがあったのです。
たとえばワックスの中には磨き粉が含まれているものも多く、クルマの塗装を傷つけることがあったりきちんと除去できていないワックス分が汚れや水垢の原因にもなりました。
また雨などで流れ落ちたワックスがウインドウガラスについて油膜となり視界を妨げることもありました。
しかしそのころはワックスに代わるクルマのケアアイテムがなかったので、そんなデメリットに目をつむりながら使っていた人も少なくなかったのです。
ところが1980年代にポリマー系カーコーティングが登場してからは、クルマのケアはワックスに代わってコーティングの時代になっていったのです。

ワックスとコーティングのちがいとは?

ワックスとコーティングの違いはその成分です。
ワックスの多くは蝋と石油系の溶剤、つまりは「油」なのです。
したがって雨や洗車などの水で流れてしまったり、流れなかった分はそのまま残って水垢になってしまうのです。
効果の持続も数週間から1カ月程度しかありません。

コーティングには主に2種類あり、ひとつはポリマー(高分子重合体)、もうひとつはガラスです。
ポリマーはシリコンやフッ素の被膜で、ガラスコーティングは強固なガラス被膜でクルマの表面を覆いこむのです。
雨や洗車で流れ落ちることはありませんし、耐久性も数カ月から1年〜3年とはるかに長いのです。
それぞれに特徴があり掛る費用もかなり異なりますから、施工を行なう前にはどちらが自分にあっているかをしっかりチェックしましょう。

関連する記事